TOP

スポンサーKataribe

自分に合っている保険

保険と聞くと、生命保険や、県民共済、生協の共済など、いろいろ思いつくけれど、

自分に合っている保険をチョイスすることで、今の生活に、より安心が手に入れられると思います。

うちは、子どもを2人が共済に入っているのですが、

共済保険の最大の特徴は「営利を目的としない」ことだと思います。

共済保険は余ったお金を、加入者に還付する仕組みになっています。

還元もあり、掛け捨てではありますが、うちは、満足です。

かれこれ、7〜8年お世話になっておりますが、これまでに数知れない怪我の数々で、お世話になりました。

例えば、大きいもので言えば、上の子は、ドアに指が挟まってヒビが入り、数日間通院、

激しく転び通院、蜂に刺され通院、

下の子で言えば、あしなが蜂に刺され通院、ブロック塀で、手の肉が持って行かれるほどの、損傷で通院

細かい傷は数知れず、男の子って小さい頃は、本当に予測不可能な行動をして、こちらをヒヤヒヤさせます

そんな親への保険といっても良いでしょう

しかし、最初に入ろうと思ったきっかけは、第三者への損害賠償です。

幸いにもまだ使ったことはありませんが、この項目は、私にとっては大きなきっかけになりました。

自分だけで何かある分には、命に別状がなければ、不運ではありますが、受けいれるしかありません。

が、しかし、これが第三者が加わる何かになれば、これは状況を受け入れるだけでは、終わりません。

保険というものは、その不安な気持ちを安心に変える保証なのだと思います。

他にも、入院、後遺障害、死亡、扶養者の死亡と、項目があり、

小さな子供を持つ親にとっては、安心がかなり詰まっているものだと思います。

うちは幸いにも、これらは使ったことがありません。

保証されている安心感はありますが、絶対に使いたくないと思う保証です。

これからも、日々気をつけて、過ごしていけたら良いなと思います。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2015-06-09 17:34

コメント (0)